K-MAXマガジン【Vol.017】

□■□■□■□■□■□■□■□■

  K-MAX

 Mail Magazine

Vol.17

□■□■□■□■□■□■□■□■

目次
・DoCoMo、割賦販売と新プランを導入
・今回の読み物 by memn0ck(めむのっく)
・ニュースいろいろ

皆さんこんにちは。
明後日はDoCoMoの新機種発表ということで、ワクワクしています。
どんな機種が発表されるのかなー?

~~~~~~~~~~~~~~~
NTTDoCoMoは、905i以降に発売される新モデルについての新しい販売方法や新料金プランを発表しました。

発表したコースは2つ。
従来の販売方法を踏襲した『ベーシックコース』と、今後のメインとなるであろう『バリューコース』です。

『ベーシックコース』は、905i以降に発売される機種を購入する際、購入代金を15750円値引くものです。
提供される料金プランは従来通り。
しかし、2年間の利用が条件になりますので2年以内の解約や取り替えには残り月数x630円の解除料金が発生します。

『バリューコース』は、905i以降に発売される機種を購入する際、割賦購入か一括購入を選べます。
キャンペーン以外での機種代金割引はありませんが、購入した場合には月額基本料が1680円安くなったバリュープランが適用されます。

○通常プラン
タイプSS:月額3780円(無料通信分1050円相当)
タイプS:月額4830円(無料通信分2100円相当)
タイプM:月額6930円(無料通信分4200円相当)
タイプL:月額10080円(無料通信分6300円相当)
タイプLL:月額15330円(無料通信分11550円相当)
タイプリミット:月額4410円(無料通信分2310円相当)
ファミリーワイド:月額3150円(無料通信分なし)
ファミリーワイドリミット:月額3360円(無料通信分なし)
タイプビジネス:月額10290円(無料通信分5775円相当)

○バリュープラン
※905i以降のモデル購入が必要です
タイプSSバリュー:月額2100円(無料通信分1050円相当)
タイプSバリュー:月額3150円(無料通信分2100円相当)
タイプMバリュー:月額5250円(無料通信分4200円相当)
タイプLバリュー:月額8400円(無料通信分6300円相当)
タイプLLバリュー:月額13650円(無料通信分11550円相当)
タイプリミットバリュー:月額2730円(無料通信分2310円相当)
ファミリーワイドバリュー:月額1470円(無料通信分なし)
ファミリーワイドリミットバリュー:月額1680円(無料通信分なし)
タイプビジネスバリュー:月額8610円(無料通信分5775円相当)


○バリュープラン+ファミ割MAX50orひとりでも割50
※905i以降のモデル購入が必要です
タイプSSバリュー:月額1050円(無料通信分1050円相当)
タイプSバリュー:月額1575円(無料通信分2100円相当)
タイプMバリュー:月額2625円(無料通信分4200円相当)
タイプLバリュー:月額4200円(無料通信分6300円相当)
タイプLLバリュー:月額6825円(無料通信分11550円相当)
タイプリミットバリュー:月額1365円(無料通信分2310円相当)
ファミリーワイドバリュー:月額735円(無料通信分なし)
ファミリーワイドリミットバリュー:月額840円(無料通信分なし)
タイプビジネスバリュー:月額4305円(無料通信分5775円相当)

と、なりますー。
また基本料金を2100円3ヶ月無料だとか、ケータイ保証お届けサービスを3ヶ月無料といったサービスを展開していきます。

DoCoMoも新料金コースを発表してきました。
案外シンプルじゃないかなっと思いますが、いかがでしょう。
後は端末の価格がどれぐらいになるのか?ですよねー。

予想では6万ぐらいじゃないかなっと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~
今回のコラムですー。
さてはて、どんな内容?

===========================

K-USERのみなさん、こんにちわ。memn0ck(めむのっく)です。誰だよ?と思った人は、K-MAXのWebサイトにあるメンバー紹介ページを見てみて下さい。

さて、なんかメールマガジン向けにコラムを書けとか言われたのですが、基本的にメールマガジンという媒体はあまり好きではなく、ほとんど読まないし、コラムも好きじゃないんで、まじなにを書いていいのやら。

昨日(10/29)は、マイクロソフトが「Windows
Mobile」についてのプレス向け説明会を開催したやつに参加してきました。なんやかやとマイクロソフトのプレス説明会なのにウィルコムもプレスリリースを出してましたね。裏話としては、本当はウィルコムがプレス発表会をしたかったけど、発表会をするほどの内容ではないし、そんなにお金をかけられないから、マイクロソフトにプレス発表やろうよ的なのを持ちかけて、ちゃっかり自社のプレスリリースをしたということらしいです。まぁ、こういう形でないと上の了解が得られなかったらしいので、うまくねじ込んだと言えるのでしょうが、そこまでして説明会をしなくてもな、と思ったりもした内容でしたけどね(苦笑)。

なんというか、ぶっちゃけ、日本ではまだまだWindows
Mobileを搭載したようなスマートフォンは売れてません。ウィルコムの初代W-ZERO3こそ、初速はすごかったですが、ケータイ市場から見ればまだ小さい。もちろん、機種数や形状、デザイン、OSなどの選択性も少ないし、機能そのものも「なんでもできるけど、なんにもできない」的なパソコンに近い製品なので、一般ユーザーにはわかりづらいというのもあったりしますよね。さらに、ワンセグなどの売りもないし。

でも、スマートフォンというジャンルは、操作性などを含んだ端末自体や対応サービスなど、まだ発展途上なんすよ。例えば、Windows
Mobileにしても、ケータイにフォーカスしたものとしては、まだ第1世代と考えてもいいくらいだし、実際に使いにくいのも確かですよね。アメリカで発売されて話題になっていた、アップルのiPhoneだって必ずしも使いやすいわけじゃないし、これからなのです。というか、日本では多機能&高機能な携帯電話は当たり前ですけど、海外ではようやく盛り上がってきたくらいで、相対ユーザー数はかなり少ないわけで、マイクロソフトやアップルが前から興味はあったんだろうけどやっとケータイに注目してきたというところとも言えるでしょう。

ケータイヲタとしては、やっぱり、発展途上なスマートフォンはいじっておくべしなのです!今使いにくいからといって毛嫌いしているようじゃ、ケータイヲタの名が廃りますよ!そうすれば、きっと、10年後くらいに「昔のスマートフォンは」なんて昔話に花が咲くと思うですよ。つか、「そういえば、スマートフォンってあったなぁ」となりかねなくはないですが(笑)。本当は「電脳コイルにみるケータイとBluetoothの可能性」というのを書くつもりでしたが(?)、ちょうどプレス説明会に行ってきたのでスマートフォンをとりとめもなく紹介してみました。
なんといっても、マイクロソフトは2007年度に全世界で1000万台の"Windowsケータイ"を販売しようとしているらしいですし、国内においては去年~今年あたりのトレンドでもあります。まだいじってない人がいたら是非。いじってる人はがんがん要望だして、盛り上げませう。

ついでに、なんか以下のようなイベントがあるようなので告知です。セミナー関係なく、日経コミュニケーションの半年無料購読権のほうに興味があったり。平日ですけど、無料なので時間が取れる人は参加してみては。

日経BP スマートフォンセミナー 2007
http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/sps2007/

~~~~~~~~~~~~~~~
☆その他のいろいろな記事☆

・SBM、DoCoMoの発表を受け追随プランを発表。12月5日より開始。『ブループランバリュー』です。通常のブループランよりも1680円安くなりますが、特別割引が一定額減額されます。

・SBM、障がい者による障がい者向けショップ「むくの木携帯販売店」を東京葛飾区でオープンさせました。
ケータイWatch向け記事を書いたのは、なんとK-MAXのHiROさんです!!

・SBM、受付終了しているプランを終了
契約数は約5000件。対象者にはダイレクトメールを送付するそうです。

・WILLCOM、Advanced/W-ZERO3[es]アカデミックパック発表
教育機関に特化したAdvanced/W-ZERO3[es]です。
2年契約のW-Vにすると実質本体料金を0円に。対象者は中学生以上の学生か教育機関教職員、学校法人や教育機関など。

・WILLCOM、Advanced/W-ZERO3[es]向け音楽配信を11/22より開始
国内スマートフォン初の音楽配信だそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~
>編集後記<

明後日は905iの発表です!1月投入予定の705iとか3月投入予定の905iTVとかは発表されるのかな?
次回コラム担当はMyu-yaさんですー
(ホセ)




~~~~~~~~~~~~~~

ケータイプロ集団
K-MAX
http://kmax-biz.com

ブログも更新中~~
K-MAX BLOG
http://kmax.jugem.jp/


配信:K-MAXメルマガ発行局

About

Writing

Contents

Contact

Member Only