K-MAXマガジン【Vol.025】

□■□■□■□■□■□■□■□■

  K-MAX

 Mail Magazine

Vol.25

□■□■□■□■□■□■□■□■

目次
・このクリスマス商戦でどんな機種が出るの?(DoCoMo編)
・今回の読み物コラム~(piiiさん)

皆さんこんにちは!
タクシーの車内は今も弱冷房と聞いて、無性に沖縄へ行きたいホセです。
ぅぅぅ、流石亜熱帯!

今回はいつもと趣向を変えまして、2007年クリスマス商戦モデルの特集を3回に分けてお送りしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~
最初は、携帯・PHS主要5キャリアの中で最もハイスペックなモデルを投入してきているNTT DoCoMoさんです。

NTT DoCoMoでは、FOMA 905iとして6機種を投入してきました。(705iや905i派生は来年)
さて、どんなモデルなのでしょうか。

共通している特徴としては、『全機種全部入り』をモチーフとしています。

共通スペック

・直感ゲーム対応メガiアプリ対応
・ワンセグ対応(N905iμ除く)
・うた・ホーダイ対応
・Music&Videoチャネル対応
・2in1対応
・GPS搭載(VGA対応ナビアプリプリインストール)
・3G+GSMの国際ローミング対応
・フルブラウザ対応
・FOMA ハイスピード(HSDPA)対応
・カメラ320万画素以上(N905iμのみ200万画素)
・全機種WVGA以上の解像度

と、なっています。
現在考えられる高性能を詰め込んだ感じですね。

では、機種の特徴としてはどんなモデルが出るのでしょう。


☆SH905i(発売中)
世界初ドルビーモバイル搭載、NewモバイルASV液晶、高級感あふれる回転2軸ボディのデザイン。
なぞるだけで操作が可能な『TOUCH CRUISER』搭載。905iの中でも薄型の16.9mmモデル。

☆D905i(発売中)
3.1インチFWVGA液晶搭載、D904iに引き続きモーションコントロールセンサー搭載で、縦横の画面切り替えもスムーズ。
ワンセグ搭載携帯初の、自動ハイライト再生に対応。

☆N905i(11/28発売)
905iシリーズ最高画素数の520万画素カメラ搭載、顔検知機能付きAFにも対応。NEC初のワンセグ搭載モデル。iモードサイトを同時に最大5つまで展開可能。

☆P905i(11/28発売)
510万画素カメラ搭載ながら、18.5mmに抑えたワンプッシュオープンモデル。さらに横にも画面を開けるWオープンスタイルを採用。この方式はauのW44Sに続き2つ目。

☆F905i(11/29発売)
F903iより採用されたヨコモーションスタイルがさらに進化した上に、携帯の中では最も大きいサイズの3.2インチFWVGA液晶搭載。
セキュリティも向上し、ブックマークやマイピクチャの非表示にも対応モデル。

☆SO905i(11/29発売)
auのW53Sに続き、復活したジョグダイヤル『+JOG』に対応し、スピーディな操作性を実現。SO903iより採用されているmusicキーも進化してタッチキーとなりました。ソニエリモデルでは珍しい回転2軸ボディも。

☆N905iμ(11/30発売)
9シリーズ最薄の12.9mmのボディで、FOMA9シリーズの中では初のμ(ミュー)ブランドを採用。薄型なのに、おサイフケータイや国際ローミング、FWVGA液晶を採用した高機能モデル。

と、なっています。
12月までに全機種投入ですね。

で、905iの発売に併せてDoCoMoの販売方法も変更となりました(従来モデルは除く)。
バリューコースとベーシックコースです。
バリューコースは、基本料金を1680円値引きするバリュープランとなることができる他、24回(12回)の割賦販売でも機種の購入が可能です。
ほとんどの場合、頭金0円で24回の割賦金は2100円(12回の場合は4200円)となっています。
※N905iμのみ1960円(12回の場合、3920円)です。

またベーシックコースは料金プランこそ変わらないものの、比較的安価な料金設定で購入が可能です。
これもほとんどの場合、34650円(N905iμは31290円)です。
ただ、ベーシックの場合は24ヶ月以内に変更や解約をした場合残り月数x630円の解除料が発生しますので注意しましょう。

って、どこ行ってもほとんど同じ価格だと思うんですけどーーー。

ただ今までよりは買いやすくなったのじゃないかなーっと思います。

~~~~~~~~~~~~
今回のコラムは、piiiさんです。
宜しくお願いします!!

こんにちわ。コラムです。いえ、piiiです。
K-MAXメルマガを購読の皆さま、はじめまして!

ワタシの担当は、ゲーム・マンガ班と言う事(?)で、ケータイやモバイルと、どう絡めようかと思いましたが、「自分のゲーム観を語ればイイか!」と安易に思い、書いてみる事にします。
ですので、内容が非常に偏っている、そして読み辛いかと思いますが、ご容赦下さい。

さて、携帯ゲーム機事情も、ワタシが子供の頃と比べて、かなり様変わりしましたね。
いつでもどこでも、高性能なゲームを楽しむことが出来るようになりました。

ワタシが、初めて手にした携帯ゲーム機が、任天堂のゲーム&ウォッチ「ドンキーコング」でした。
小遣いを貯めに貯め、ようやく手にした玩具がモバイル用のゲーム機でした。
その後、ゲームボーイ、以下略と、携帯ゲーム機は、殆ど手にしたと思います。逆に、据え置き型のゲーム機には、余り魅力を感じませんでした。
寧ろ、「このファミコンをいつでもどこでも出来たらイイなぁ」と妄想しまくりの少年でした。
さて、このゲーム&ウォッチ。ハードを見ると、現在、大流行しているニンテンドーDSと、ほぼ同じ形態をしています。
十字キーなんて、携帯機、据置き機、どのゲーム機を見ても標準搭載されていますが、この当時、既に完成形だったのですね。

では、何が昔と比べて様変わりしたのでしょうか。

第1に、処理スピード。次に、グラフィック。そして最後に、通信機能だと思います。
スピードと、グラフィックは、最早言うまでも無いですね。ニンテンドーDSや、PSPは、既にプレイステーションレベルの処理・表示が可能になっています。
寧ろ、処理スピード、グラフィックの2つは数年前に飽和しているのでは無いでしょうか。

では、過去のゲーム機に無い、新たに加えられたもの何でしょうか。ワタシは、通信機能が一番特徴的だと思います。

個人的に、ゲームは「競い合ってナンボ!」「皆でワイワイ言いながらプレイ!」が、一番楽しいと思っています。
ストイックに、ハイスコアやタイムアタックを狙ったりするのも、とても楽しいですが、対戦相手がコンピュータであるのと、実際の人であるのとでは、また面白さが異なってくるかと思います。
この「誰かと競い合う・誰か協力し合う」と、最初に書いた「いつでもどこでも」が、上手い具合に融合すると、非常に楽しい遊び方が出来ると思います。
確かに、昔も実際に競い合うことが出来ましたが、それは据え置き型やゲームセンターが前提だったり、携帯用ゲーム機であっても、お互いのハードをケーブルで繋ぐ必要があったりしました。
現在では、携帯ゲーム機も、無線機能を持っており、更にはアドホック(機器同士が通信する方式)モードが使えるようになりました。
無線LANのエリア内や、アドホックモードを使うと、見ず知らずの人と対戦したり、協力したりする事が出来ます。

さて、ここでようやく(無理やり!?)ケータイ電話に話を持っていきましょう。

ケータイ電話は、今や標準で通信機能を搭載しているのが、当たり前田のクラッカーです。中には、GPSを搭載している端末も少なくは無い状況になってきています。
また、通信における課金も、一昔前に比べ、非常に敷居が低くなってきていると思います。
端末の処理速度も、携帯ゲーム機にこそ劣るものの、ファミコンやスーパーファミコンレベルであれば問題ありません。
更には、十字キーと同等のインターフェースも実装されています。
そして、一番重要なのは、ケータイ電話を持っているユーザーは、ゲーム機ユーザーに比べ、非常に幅広いのです。

であれば、通信機能を、便利に活用するのは勿論として、楽しく遊びにも使って欲しいなと思うわけです。
先に書いたとおり、「いつでもどこでも」「誰かと競い合う・誰かと協力し合う」ことで、面白い遊びが出来るんじゃ無いかなと。

例えば・・・と、思いましたが、既に幾つかは、何気に実現していたりしますね。

個人的には、通勤の電車内で、それこそ「隣の席の人が対戦相手だった!」なんて状況になると楽しいなとか妄想してしまいます。
また、位置情報を利用したゲームは楽しいですね!ウィルコム信者としては、みんなの木(http://mratez.com/tree/)とか。
この辺の技術を応用して、位置情報から対戦希望者リストが見れて、そのリストから対戦を申し込む~なんて妄想が加速してしまいます!
その為には、キャリアの壁やら、バッテリー容量やら、トラフィック制御等など、越えなければならない壁は多々あるかと思いますが、この壁を越えたときに、ゲームももう少しだけ進化出来るのでは無いでしょうか。

「求む!対戦者!!」な旗付きとか、ロゴが刻まれたケータイが出ないかなぁ。

と言ったところで、今回は締めてみたいと思います。
ではーではー。



~~~~~~~~~~~~
>編集後記<
初めてコラムを書いたので、読みづらい&内容薄い感じで申し訳ナスです。
そして、ゲーム・マンガ班と自己紹介しつつ、マンガの話をスッカリ忘れていました(汁)

次回は、K-MAX随一の美男子!そして、人生オワターな29aさんです!!
wktkして次回をお待ち下さいませ。(piii)

いえいえ、非常に読み応えのあるコラムでした。
あざーーーーす!!
次回は、KDDIクリスマス商戦モデル編です!(ホセ)



~~~~~~~~~~~~~~

ケータイプロ集団
K-MAX
http://kmax-biz.com

ブログも更新中~~
K-MAX BLOG
http://kmax.jugem.jp/


配信:K-MAXメルマガ発行局

About

Writing

Contents

Contact

Member Only